製品及び工法 シッカリート改質用

シッカリート改質用 緻密化 中性化抑止 初期乾燥ひび割れ抑止 防水 止水 白華抑止

シッカリート改質用について

シッカリート改質用は水の分子よりも小さく、浸透助剤の効果で表面張力が小さくなっているため水よりも深くコンクリートに浸透するよう設計してあります。コンクリートの微細な空隙に浸透後、水に溶ける水酸化カルシウムと反応し水に溶けないけい酸カルシウムを生成して空隙内を充填し密度を高め躯体内の塩化物イオンの移動を抑止し、沿岸地域の飛来塩分の浸透を抑止します。同様に、寒冷地では冬期の凍結防止剤による外来塩分の浸透を抑止します。工場や自動車の排出ガスによる中性化や酸性雨によるカルシウム分の溶出を抑制します。コンクリートの耐久性や防水機能を高めると同時に鉄筋の防錆効果が期待できる亜硝酸リチウムを配合しています。

シッカリート改質用のメカニズム

毛細管空隙:水和反応の進行に伴う自己収縮によってできる エントレインドエアー:AE剤等によって発生する極めて微細な空気 エントラップトエアー:生コン製造時に練り込まれる空気

生コンに混入した水のうち、セメントの約25%〜28%を超える水の一部はコンクリート内に余剰水として残り、また一部は細孔空隙から排出し、さらに硬化進行に伴って細孔空隙はさらに大きくなり、外部からの雨水等の入水路を形成し劣化原因の一つとなります。

また、打設時の練り混ぜ中に混入されるエントラップエアー(気泡)間をこの細孔空隙が連なって、内部で水分の移動が出来るようになると劣化が促進されます。シッカリート改質用を塗布することで、微細な空隙をけい酸カルシウムで充填して、さらに微細な空隙にすることにより、内部の水分移動を抑制して、雨水などの外部からの水分も深く浸透させないようにすることが出来ます。

浸透性防水 新築・改築どちらでも

屋根・外壁・庇・床板・地下コンクリートなどから滲み出る漏水が止まります。
最長10年間の連名保証書を発行します。(要問い合わせ)

資料ダウンロード

カタログ・技術資料・MSDSは下記からダウンロード下さい。